推薦の言葉
東北大学 
高等教育開発推進センター
浅川照夫教授
LincEnglishは「本当の意味で英語ができる」ようになるための教材です。今は国際レベルで情報を交換するのに必要な英語力が求められています。英語ができるということは、情報のreceptionとproductionの総合能力に優れていること、とりわけ、十分なリスニング力とスピード・リーディング力は必須です。LincEnglishは聴解と読解を中心に圧倒的に大量のコンテンツを学習していきますので、1レベル12レッスンを学習した後は確実に、英語に対する意識と能力の変化が見られます。
大阪大学
言語文化研究科
小口一郎准教授
研究や仕事で「使える」英語を身につけるには、多量の英語情報を処理する能力と精神の「タフネス」が必要です。しかしこれまで多くの日本人学生はこのような力を涵養する機会を与えられず、「英語の世界」の入り口にも立てないのが現状でした。LincEnglishは厳選された多量のオンラインエクササイズによって、こうした能力とタフネスを身につけるトレーニングの場を提供します。TOEFLやTOEIC形式の検定試験対策ともなることも魅力です。授業内での使用によって、あるいは教室外の課題とすることによって、学生の力とやる気の確実な変化を感じとることができるでしょう。
筑波大学
外国語教育センター
島田雅晴准教授
LincEnglishは日本語を母語とする大学生の英語読解・聴解のドリルレッスンに大変適した教材です。問題量が圧倒されるほど豊富で、レベルもさまざまに選べ、自学自習用としても授業用としても有用です。学生も教員も、ほかにどのような使い方があるだろうか、と想像力をかきたてられます。そして、自由な発想で工夫して利用していく中で、着実に効果を実感できます。